blog

2019年11月

◆◆重要なお知らせ◆◆



◆重要なお知らせ◆

2020年3月に、501FURNITUREの看板を下ろすことにしました。

2011年4月に北九州市小倉南区の店舗改修を始め、同年11月に店舗をオープンしました。来週11月27日で8周年を迎えます。これまで家具の製造販売を中心に木工ワークショップなどの活動を続けてきました。その間多くのご縁に恵まれて、幸いなことに絶え間なく手を動かし、一つの出会いが次の出会いへと繋がり、オープン当初は想像していなかったような仕事をさせていただくこともあり、ほんとうに彩り豊かな充実した8年間でした。

お客さまの声に耳を傾け、自分が持つ技術を活かして誠心誠意手を動かし続け、家具作家として技術を磨き研究して行く過程で、ある出会いがありました。岐阜県にある、岐阜県立森林文化アカデミーです。

2020年4月から森と木に関わるスペシャリストを育成する専門学校であるこちらの学校で、木工教員として働くことになりました。

家具工房としては家具製作の技術やデザインを磨き、受注を増やし事業の規模を拡大していくことが一つの道だと思いますが、森林文化アカデミーと出会い、活動に触れていくうちに、これまでやってきたオーダー家具製作や開催してきたワークショップなどの運営の経験を活かして、もう少し広い目線で家具、木工と関わり、森林の未来を考えたり、培ってきた技術や知識を伝える立場になることも大切な役割なのではないかと思うようになりました。

森林文化アカデミーには森と木のエンジニア科と森と木のクリエーター科があり、クリエーター科はさらに森林利活用分野と木材利用分野のいくつかの専攻があります。森林から加工流通、利活用に至るまですべてを網羅した学校は国内には他にありません。木工に限らず森林関連全般においての先進的な取り組みを目の当たりにし、岐阜県内の問題だけに携わるのではなく、全ての自治体が抱えている森林問題に関わることができる学校であることを確信しました。

岐阜でどのような活動ができるかは今の段階ではまだ正確にはわかりませんが、これまで身につけてきた家具製作の技術を伝えることはもちろん、豊富な森林資源を持つ日本で、国産材の現状がどうなっているのかを知り、それをどのように活かしていけるかということにも取り組んで行きたいと思います。そしてもちろん自分自身だけではなく幅広いニーズに対応でき、様々な地域の問題に取り組んでいける人材を育てる事ができたらと思っています。

これまで家具を購入してくださったお客さま、ワークショップやイベントなどでお世話になったみなさま、手を貸してくれたり応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

これから先、すでに受注を受けているものの製作と岐阜への移住の準備のため、新規の家具製作の受付はできません。もしこの先501FURNITUREに家具を頼みたいと思ってくださっていた方がおられたら申し訳ありません。これまでのようにオーダーで家具を作るというのはできなくなりますが、これまで大切にしてきた家具作りに対しての想い、地域の材や場所を活用させていきたいと考えている部分に変わりはありません。何らかの形でワークショップなどの講座を開くことは可能かもしれません。いつか地元北九州にも還元できるような活動もしていけたらと思っています。

今後501FURNITUREのFacebookページやInstagram、ホームページをどのようにしていくかは未定ですが、何らかの形で活動の記録として残しておきたいです。また、自宅兼店舗、工房はどなたか借りてくださる方を探す予定です。特に工房は木工機械なども込みで、そのまま木工をやっている方に貸せたらとおもっています。詳細は後日またお知らせします。

これまでの家具のメンテナンスについては今後も受け付けられると思いますのでお問い合わせ下さい。

直子の演劇活動、Divadolo501は岐阜を拠点とし今後も活動を続けていきます。日本各地、世界中どこへでも行きますので、ぜひ呼んで下さい。

これからも渡辺圭、谷口直子を見守っていただけたら幸いです