blog

501furniture

roren「あまりあるチカラとカタチ」巡回展

11月の展示会でお世話になる、UMIE+さんのギャラリーで、先週末から始まった展覧会があんまり素晴らしいので少しだけご紹介。

roren03

roren「あまりあるチカラとカタチ」巡回展は、昨年もUMIE+さんで展覧会を開催していて、その時も拝見させていただきました。
高齢の方がリハビリテーションの一環として製作した手仕事の作品を展示しています。。。と、こんな簡単な言葉では言い表しきれない、ある種の凄みがある作品ばかりが展示されています。それらは特別なテクニックや高等なアートや、尖ったセンスや、そういった類の”凄み”ではないところが、スゴイのだと、個人的には思いました。

以下、公式サイトからの引用ですが。

ライフステージとして老年期は健康や経済基盤、社会的なつながりや生きる目的などの喪失にさらされ「喪失期」とよばれることもあります。
時にリハビリテーションの現場ではその目的を見失いやすいことを痛感させられます。
「足が良くなったら家族に迷惑かけないように」
「家の事はあぶないからしなくていいって」
「今は作らなくても買えばなんだってあるからね」
控えめで自分を納得させるような言葉を聞く機会も多く、主体的な目標を見出すことが出来ない高齢者の存在は少なくありません。

私たちが「安全」を思って掛けた言葉が彼らの役割や出番を思いがけず奪ってしまう状況を生み出していることもあります。
自身の能力や経験を持て余している事に気付けない方もいます。

roren02
編んだレースで石を包んでいます。

・・・圭くんが「子育てにも通じるところがある」と、展覧会を見た後に言っていた。なるほど。
よかれと思っての配慮や声がけが、貴重な瞬間や可能性をつぶしてしまうことは多々ある。
大事大事にされることよりも、頼りにされることを望んでいる。
なぜそういうことが起こってしまうのか。その理由ははっきりとはわからないけれど・・・
展覧会を見て感じたのは、高齢の方に対する敬意、だろうか。当然のことなのに、これが一番容易に失われやすく、また肝になる部分だなと思った。
こちらから与えるのではなく、もともと持っている力を引き出す感じ。そしてその引き出し方。
私たちに製作者の説明をするrorenの香月さんからは、気持ちの良い、ちょうど良い塩梅の、自然な”敬意”を感じた。
確かに子育ても同じだし、むしろこれは他者とのコミュニケーションにおいては当然の、あるべき対峙の仕方なのではないかとすら思った。
教えてあげるのではなく、対等に、他者に対する敬意を失わずに真摯に向き合う。
公式サイトのそのフィロソフィーに触れた時、すごく普遍的な取り組みだなぁ、と感じた。だからこんなに多くの人の胸をうつのかもしれない。

roren01

認知症の元エンジニアの方が作ったスプーン。持ち手のところにちょうど木の節がきていたのでおそらくそこで曲げて彫ったんだと思われる。

10/14(土)〜10/22(日)
12:00〜19:00(木曜日は17:00まで)
roren
あまりあるチカラとカタチ巡回展
umie+(小倉北区中島1-14-7)

今度の日曜までです。ぜひ。

展示会在廊日について

11月3日からの展示会についてですが、在廊日をお知らせします。
初日の11月3日(金)文化の日と、11月11日(土)の最終日は石原祥充さん、渡辺圭、二人とも在廊しております。

そのほかは
石原祥充さん
5日(日)、10日(金)

渡辺圭
4日(土)、9日(木)

に在廊の予定です。最終日は17時までとなっておりますのでご注意下さい。
皆様にお会い出来るのを楽しみにしております。

陶と家具:展示会のお知らせ

umieDM_fix

久しぶりの展示会のお知らせです。

陶芸家の石原祥充さんとの二人展を小倉のUMIE+さんにて開催させていただくことになりました。
石原さんには以前からご自身の展示室の展示台や棚を納めさせていただいたりしていました。

窯開きにも度々お邪魔していたのですが、土の質感が感じられる力強くも繊細な器を拝見する度にそのものづくりの奥深さに触れるようで、いつか一緒に何かできたらなぁと憧れていた作家さんでした。今回、念願叶ってご一緒させていただけることになり、心から嬉しく思っています。

また、展示会場であるUMIE+さんも、以前から度々お邪魔させていただいていた素敵なお店です。
小倉の喧騒から少し離れた小さな路地を入ったところにありますが、古い建物をリノベーションして作られた店内にはオーナー選りすぐりの雑貨が並んでいて、その奥にギャラリースペースがあります。場所に力がある、素敵な空間なので、ここで開催させていただけることもとても嬉しいです。

今回の展示会は石原さんのご自宅の本棚を製作させて頂くことになり、その本棚を陶器とともに展示してはどうかというところから始まりました。その他のものも、打ち合わせを重ねていくうちに、お互いの想いが交差し、そこから派生したものを形にしていっています。展示物を搬入してどんなふうな空間ができあがるか、私たち自身も楽しみです。

皆様のお越しを心からお待ちしています。

石原祥充×501FURNITURE 陶と家具
2017.11.3(金)〜11.11(土)
12:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場 お問い合わせ先
UMIE+
〒802-0076
福岡県北九州市小倉北区中島1-14-7
tel : 093-511-2292
mail : info@umie.asia

umieDM_fix

終了しました!:きのこいすWS@ふくちのち

IMG_5347

7/30に、ふくちのちにて、「作ろう!自分だけのきのこいす」と題して、スツール製作ワークショップを開催させていただきました。

IMG_7062

生地選び。501から持って行ったイス張り生地から選んでいただきました。

IMG_7042

まずはウレタンを座面に貼り付けて。

IMG_7077

張っていきます。

IMG_7050

IMG_7087

脚をつけて。

IMG_7091

完成!と写真で説明するとあっという間ですが、1時間半くらいかかりました。
小学生の参加者の方もいらっしゃったのですが、とっても綺麗に仕上がっていてびっくりしました。

IMG_7057

自分で作ったものは愛着が湧きますね。大切に使ってもらえると嬉しいです。
ご参加いただいた皆さま、準備から様々サポートしてくださったふくちのちの皆さま、ありがとうございました!

ふくちのちの夏休み、イベントが目白押しです。一日中賑やかに何かが行われていて飽きません。
そしてなにより選書が素敵。そしてその選んだ本の魅せ方が素敵。行くたびに本に対する愛情とその先の知に対する深い敬愛を感じます。
みなさまも是非一度、遊びに行ってみてくださいね。

ふくちのちHP

参加者募集:「作ろう!自分だけのきのこいす」@ふくちのち

IMG_2882

参加者募集!「作ろう!自分だけのきのこいす」

2015年に501FURNITUREで開催し、ご好評いただきましたスツールワークショップ。
福智町に新しくオープンした図書館「ふくちのち」のものづくりラボにて、再度開催させていただくことになりました。
「きのこいす」と新たに命名いただきました(笑)。
椅子張り用の生地も数種類こちらでも準備しますが、お気に入りの生地(厚手のもの・50cm四方)をお持ちいただいても構いません。

<日時>
7月30日(日)14:00~16:00
<場所>
ふくちのち1階 ものづくりラボ
<定員>
5名
<参加費>
7.000円
<申し込み先>
「ふくちのち」カウンターまたはお電話0947-28-2855
*フェイスブックの参加ボタンを押しただけでは申し込みは完了しません。

仕上がり寸法
使用材/ナラ材
座面直径 25cm
座面高さ 30cmです。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

FBイベントページ→作ろう!自分だけのきのこいす@ふくちのち

写真は前回開催の様子です。
前回はスギ材の脚もご用意していましたが、今回はナラ材のみのご提供となります。

IMG_3079

IMG_3083

IMG_3095

IMG_3119

IMG_3137

IMG_3149

4/16(日)はミニカホンワークショップ!

fix_ミニカホン告知パネル03

いよいよ今週末、16日日曜日はBONJONOフェスタ2017 くすくすのたねでミニカホンワークショップです。準備は万端!明日も明後日も晴れらしいのでお外でぽかぽかしながらカホンを作れそうですね。
くすくすのたね、他にもたくさん面白そうな、楽しそうな、美味しそうな出展者さんが目白押しです。FBページでそれぞれの出展者さんを紹介しているので、是非ご覧ください。
https://www.facebook.com/kusukusunotane/?fref=ts
ミニカホンワークショップは当日参加も受け付け予定です。引き続き参加者募集中!
お外でのんびり、ゆったりと週末を楽しみましょう!
=====================================================
501FURNITURE *ミニカホンワークショップ
◉日時 2017年4月16日 ①10:00〜 ②11:00〜 ③13:00〜 ④14:00〜 各回2〜3組
◉参加費 6,000円(予約制/10組限定)
◉場所 BONJONO芝生広場 くらしの製作所TETTE前
(北九州市小倉北区東城野町5-1) 501FURNITUREブース前
◉お問い合わせ 501FURNITURE 093-383-9433 info@501furniture.jp
※打面を接着する時間が40〜50分かかります。その間他のブースを楽しんだり、芝生広場でくつろいだりしていただければと思います。
※荒天の場合、イベントが中止になる可能性があります。その際は501FURNITUREの店舗での開催になります。
(〒800-0226 北九州市小倉南区田原新町1-1-3)場所の変更はお申し込みいただいた方に直接ご連絡いたします。
===================================================== http://501furniture.jp/501blog/cajon/ ‎

kahon01

bonjono_ura

さくらさくひ2017

sakurasakuhi2017

501FURNITUREは、今回は参加しないのですが、度々参加させていただいているイベントのご紹介です。

芸術・文化を楽しむ邸宅 松浦孝アトリエ春の一般開放『さくらさくひ』

門司港にアトリエを構える彫刻家の松浦孝さんが、毎年春と秋の二回、アトリエを一般開放して芸術や文化に触れるイベントを開催しています。
昭和初期の邸宅と春の息吹を感じる素晴らしいお庭でたくさんのアーティストが2週にわたって素敵な時間を演出しています。
先週既に1週目は開催済みで大盛況だった模様。明日、明後日のタイムテーブルも載せておきますので、是非ごらんください。
詳細はこちらをどうぞ。さくらさくひ2017

●8日(土)
11:00~
坊内由香の「たちかたレッスン」(無料・随時開催)
14:00~
お庭でlive!坊内由香+wind rumor(投げ銭)
●9日(日)
10:00~12:00 
お庭でlive!horamiriダンス研究所
「たちのぼる、ぴょこぴょこ、パッカン」
 1、つかのみき即興ダンス~たちのぼる~
 2、voice パフォーマンス~ぴょこぴょこ~
 3、horamiri版おやゆびひめ~パッカン~
(投げ銭)
13:00~
ワークショップ「アフリカの太鼓をたたこう!」(参加費500円)
14:00~
お庭でlive! wind rumor(投げ銭)

ちなみにこちらは前回の模様。501FURNITUREは針山を作るワークショップを開催しました。
img_5893

こちらはちょうど1年前。人形劇をお庭で上演させていただきました。
IMG_4968

今回は501FURNITUREは参加できないのが残念ですが、お客として春を感じるのを楽しみにしています。


参加者募集:ミニカホンワークショップ

fix_IMG_6751

出展&ミニカホンワークショップのお知らせ

JR城野駅近くのBONJONO1周年を記念して開催される、
BONJONOフェスタ2017のくすくすのたねに家具の展示とワークショップで参加することになりました。
今回の501FURNITUREワークショップはミニカホン。
小さなお子さんが腰掛けて叩くのにちょうど良いサイズ。大人は膝の上に載せてたたいたりします。
ようやく春らしくなってきた4月。大きなクスノキを臨む広場でみんなでタイコ叩いてみませんか。
みなさまのお越しをお待ちしております。
===================================================================================
501FURNITURE *ミニカホンワークショップ
◉日時 2017年4月16日 ①10:00〜 ②11:00〜 ③13:00〜 ④14:00〜 各回2〜3組
◉参加費 6,000円(予約制/10組限定)
◉場所 芝生広場 (くらしの製作所TETTE前、501FURNITURE)
◉お問い合わせ 501FURNITURE 093-383-9433 info@501furniture.jp

※打面を接着する時間が40〜50分かかります。その間他のブースを楽しんだり、
芝生広場でくつろいだりしていただければと思います。
※荒天の場合、イベントが中止になる可能性があります。
その際は501FURNITUREの店舗での開催になります。(〒800-0226 北九州市小倉南区田原新町1-1-3)
場所の変更はお申し込みいただいた方に直接ご連絡いたします。
===================================================================================

fix_IMG_6702

fix_IMG_6636
中にはスナッピーがついています。裏表で違う音を楽しめます。

fix_IMG_6717
大人は膝に載せて叩きます。

fix_IMG_6799
小さなお子さんは上に腰掛けても叩けます。

fix_IMG_6693

モンテッソーリ教具棚

fix_i_shelf02

この4月に小倉北区にオープンする、英語モンテッソーリ保育園の教具棚を製作させていただきました。
以前から親しくさせていただいているオーナーの方のこどもたちへのあたたかい想いがつまった教具棚になりました。

モンテッソーリ教育はイタリアの教育法で、日本にもたくさんその教育法を取り入れた園はありますが、
モンテッソーリ教育を英語で行う保育園は西日本ではここだけとのこと。
小さな保育園ですが、細かなこだわりが行き届いた居心地の良さそうな空間です。

fix_IMG_6615

詳細な写真はギャラリーページにも追加してあります。こちらも御覧ください。
モンテッソーリ教育は独自に考案された「感覚教具」という教具を使うので、その教具の収納棚として今回の棚を製作させていただきました。
こんな風にこどもたちに寄り添えたらなぁ、と思うところがたくさんあるモンテッソーリ教育。同じ子育て世代としてたくさん刺激をいただいています。

オープンする保育園の公式サイトはこちら
英語モンテッソーリ保育園 カーサ・デ・バンビーニ

3/25(土)の10:00から、教室見学と入園説明会もあるようです。
教室見学&入園説明会

こどもたちがのびのびと成長する場所になりますように!!

掲載情報: 西日本新聞北九州版2/15

fix_西日本新聞17_02

2/15の西日本新聞北九州版に掲載していただきました。
昨年末の「よだか」を観劇した上で取材していただけたので、じっくりお話を聞いていただけました。
丁寧な取材に感謝です。
サイトの記事の方が読みやすいかもしれません。
西日本新聞


Divadlo501の今年の活動は春頃から予定しています。
みなさまにお会いできる日を楽しみにしつつ。