blog

下曽根店舗

◆◆重要なお知らせ◆◆



◆重要なお知らせ◆

2020年3月に、501FURNITUREの看板を下ろすことにしました。

2011年4月に北九州市小倉南区の店舗改修を始め、同年11月に店舗をオープンしました。来週11月27日で8周年を迎えます。これまで家具の製造販売を中心に木工ワークショップなどの活動を続けてきました。その間多くのご縁に恵まれて、幸いなことに絶え間なく手を動かし、一つの出会いが次の出会いへと繋がり、オープン当初は想像していなかったような仕事をさせていただくこともあり、ほんとうに彩り豊かな充実した8年間でした。

お客さまの声に耳を傾け、自分が持つ技術を活かして誠心誠意手を動かし続け、家具作家として技術を磨き研究して行く過程で、ある出会いがありました。岐阜県にある、岐阜県立森林文化アカデミーです。

2020年4月から森と木に関わるスペシャリストを育成する専門学校であるこちらの学校で、木工教員として働くことになりました。

家具工房としては家具製作の技術やデザインを磨き、受注を増やし事業の規模を拡大していくことが一つの道だと思いますが、森林文化アカデミーと出会い、活動に触れていくうちに、これまでやってきたオーダー家具製作や開催してきたワークショップなどの運営の経験を活かして、もう少し広い目線で家具、木工と関わり、森林の未来を考えたり、培ってきた技術や知識を伝える立場になることも大切な役割なのではないかと思うようになりました。

森林文化アカデミーには森と木のエンジニア科と森と木のクリエーター科があり、クリエーター科はさらに森林利活用分野と木材利用分野のいくつかの専攻があります。森林から加工流通、利活用に至るまですべてを網羅した学校は国内には他にありません。木工に限らず森林関連全般においての先進的な取り組みを目の当たりにし、岐阜県内の問題だけに携わるのではなく、全ての自治体が抱えている森林問題に関わることができる学校であることを確信しました。

岐阜でどのような活動ができるかは今の段階ではまだ正確にはわかりませんが、これまで身につけてきた家具製作の技術を伝えることはもちろん、豊富な森林資源を持つ日本で、国産材の現状がどうなっているのかを知り、それをどのように活かしていけるかということにも取り組んで行きたいと思います。そしてもちろん自分自身だけではなく幅広いニーズに対応でき、様々な地域の問題に取り組んでいける人材を育てる事ができたらと思っています。

これまで家具を購入してくださったお客さま、ワークショップやイベントなどでお世話になったみなさま、手を貸してくれたり応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

これから先、すでに受注を受けているものの製作と岐阜への移住の準備のため、新規の家具製作の受付はできません。もしこの先501FURNITUREに家具を頼みたいと思ってくださっていた方がおられたら申し訳ありません。これまでのようにオーダーで家具を作るというのはできなくなりますが、これまで大切にしてきた家具作りに対しての想い、地域の材や場所を活用させていきたいと考えている部分に変わりはありません。何らかの形でワークショップなどの講座を開くことは可能かもしれません。いつか地元北九州にも還元できるような活動もしていけたらと思っています。

今後501FURNITUREのFacebookページやInstagram、ホームページをどのようにしていくかは未定ですが、何らかの形で活動の記録として残しておきたいです。また、自宅兼店舗、工房はどなたか借りてくださる方を探す予定です。特に工房は木工機械なども込みで、そのまま木工をやっている方に貸せたらとおもっています。詳細は後日またお知らせします。

これまでの家具のメンテナンスについては今後も受け付けられると思いますのでお問い合わせ下さい。

直子の演劇活動、Divadolo501は岐阜を拠点とし今後も活動を続けていきます。日本各地、世界中どこへでも行きますので、ぜひ呼んで下さい。

これからも渡辺圭、谷口直子を見守っていただけたら幸いです

7周年を迎えました。



501FURNITUREは2011年11月27日にオープンし、今日で7周年を迎えました。
あの日、たくさんの人にお祝いしていただいたことは本当に昨日のことのように鮮明に覚えています。
まだこうして家具を作っていられること、最近では家具だけではなくて、いろんなものや、いろんな機会、時間、場を作るチャンスに恵まれていることには、ただただ、感謝しかありません。
いつも遠くから、近くから見守ってくださる皆様の支えあってのことだと思っています。この場をお借りして、心からの感謝をお伝えしたいと思います。
ありがとうございます。

7周年を機に、501FURNITREの店舗について、ひとつお知らせがあります。
これまで501FURNITUREは下曽根(田原新町)の場所を「店舗」として営業してきましたが、
これからは、店舗としての形態ではなくDivadlo501、501FURNITUREの共同アトリエとさせていただくことになりました。

店番の谷口直子はDivadlo501として演劇活動をしており、501FURNITUREの店舗を使って、稽古や製作をしていました。ここ数年かけて、Divadlo501としての仕事が徐々に増え、定期的に店を開けることが難しくなってきました。そこで、今後の501FURNITURE店舗のありかたを見直すことにしました。定期的にオープンするよりも、普段はアトリエとして共同で使い、お客様が家具をご覧になりたい場合や、人形劇の上演のご相談がある場合は、事前にご連絡いただき、アトリエに来ていただくという方が、私達の仕事のやり方として合っているのではないかということになりました。

芝居の稽古をしたり、舞台の制作、家具の塗装や椅子の座面を編んだり、常に何か作業をしているので、雑然とした状態でシャッターを開けていることもあるかもしれません。せっかくいらしていただいたお客様に気持ちよくご相談いただけるように準備させていただきたいので、家具をご覧になりたい場合や上演のご相談などの場合は、事前にご連絡いただけますと幸いです。

ますます「何屋さんですか?」と言われる確率があがりそうですが、今後ともご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

501FURNITURE 渡辺 圭
Divadlo501 谷口 直子

営業時間のご案内:2018年春

内覧会への家具の展示を終え、501FURNITUREの店舗は営業を再開しました。
が、4月、5月は次男の慣らし保育があり、通常通りの時間ではオープンしていない可能性もありますので、ご来店の際はご連絡いただくよう、お願いします。

IMG_8871

座編みの張り替えをしています。

家具展示と店舗お休みのお知らせ

小倉南区の加来不動産さまからお話をいただき、内覧会に家具を展示していただいております。
内覧会は本日3/1日のみのようですが、引き続き4月半ばまでショールームに家具を置いてあります。
 
いつもお世話になっております、tamtamDESIGNの田村さんが設計をされたとのことで、素敵な空間に置かせていただきありがたいです。

501FURNITURE店舗には家具がない状態なので、店舗の営業はしばらくお休みさせていただきますが、実物の家具はこちらのショールームにてご覧いただけます。
事前にご連絡いただければ、現地にて打ち合わせもできますのでご相談下さい。住まいをご検討の方も是非!

住所は北九州市小倉南区徳力新町徳力新町1丁目5-27(旧徳力新町1丁目5-28)となります。
詳しくはこちらをご覧ください。

今まで通りお客様のご自宅にお伺いして、置く場所を採寸したり、床材や建具などの色に合わせた家具のご提案ももちろん可能です。
その場合もお気軽にご相談下さい。

空っぽの店舗でも、なにか面白いことができないかと画策中です😁

2018年 営業時間のご案内

501年賀状2018_裏

寒中お見舞い申し上げます。
501FURNITUREの通常営業を再開しました。

月・木・土 12:00〜17:00

でオープンしています。
納品、打ち合わせなどで急に閉めることもありますので、ご来店前にご連絡いただけると確実です。

今年もよろしくお願いします。

6周年

501FURNITUREは本日11/27に6周年を迎えることができました。
小倉に戻ってきてからもうそんなに経つのかということと、
まだまだできてないことが多いなあとおもうことと。
でも本当に多くの皆様に支えていただき、6年間頑張ってこれました。

最近のことというと、ご報告が遅れましたが、
UMIE+さんでの「陶と家具」展、無事終了しました。
陶芸家の石原祥充さんとの2人展。以前のブログでも書きましたが、
今回の展示会は石原さんのご自宅の本棚を作らせていただく
というところから構想が始まりました。
幾つかのユニットに分かれた本棚なので、搬入の際にバラバラに壁に取り付け、
それぞれの棚に石原さんの陶器を展示しました。
今回石原さんも新しい試みの作品も多く作られていましたが、
自分としても組み立てて一体となる天井までの大きな家具というのは
なかなか今までやってこなかったことだったので、
難しい部分もありつつ新鮮な気持ちで製作を進めることができました。
IMG_6183

展示会後、石原さんのご自宅に無事に納品することができました。
ishihara01

そして6周年に合わせて、大学の時の同級生が随分と前から企画してくれ、
東京や群馬、和歌山などから大勢来てくれました。
なかなか会えなくても、集まれば離れていた時間も関係なく昔に戻れる。
自分が東京を離れて10年。遠くにいてもいつも応援してくれるみなさま、
近くにいていつも支えてくださる方々、本当にありがとうございます。
IMG_6308

6年前に思い描いていたことと、良くも悪くも全然違う日々を過ごしていますが、
そういうのもいいのかなと思います。これまで出会ってきた方々との関わりで
自分たちの日々が作られていくのを感じます。7年目もそんな風に過ごしていきたいです。

店舗営業日についてのご案内

しばらくの間、お店の営業を予約制とさせて頂きます。
家具のこと、その他のご相談は
093-383-9433または、info@501furniture.jpまでご連絡をよろしくお願い致します。お店に展示されている家具もありますし、これまでお作りした家具の写真など、お店で見て頂くこともできます。

お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。

謹賀新年2017

501年賀状2016_裏

あけましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりました。

501FURNITURE店舗は5日から火・木・土で通常営業を開始します。
所用で急なお休みをいただくことがありますので、ご来店の際はメールやお電話などで営業時間をご確認いただくよう、よろしくお願いいたします。

5周年

501FURNITUREは11月27日で5周年を迎えました。
5年前に想像していた日々とはよくも悪くも違っているとは思いますが、楽しい毎日です。
divadlo501も色々な機会をいただいており、
これまで支えてくださった皆様、独立して5年間の間に出会って応援してくださっている皆様、
本当に感謝しております。

2脚の子供椅子。
左は横浜の家具工房で働いていた時に作ったもの。
古くからのお客様の幼稚園でずっと使われていたものと同じものをそのまま作ってくれという注文でした。
1脚余分に作っていて部材の状態でずっと持っていたものを、昨日座面を作り、仕上げました。
職業訓練校を出たばかりで家具工房で働きだした頃に作ったもの。もう10年くらいになるのか。
デザインは古い椅子をトレースしたものですが、製作に関しては細かい部分に気になる部分がたくさん。

右は数年前自分の子供のために作ったもの。こちらは定番として今も作っています。

5周年のタイミングでたまたま昔作ったものと今作っているものを並べてみて、成長を感じるとともに、
あの頃に持っていた、とにかく家具を作るということに日々興奮していた新鮮な感情を少し思い出しました。
日常が当たり前にならないように、いろいろな想いを忘れないようにしないとなあ。

2016-11-29-12-52-46

営業日について

しばらくの間、お店の営業を予約制とさせて頂きます。
家具のこと、その他のご相談は
093-383-9433または、info@501furniture.jpまでご連絡をよろしくお願い致します。お店に展示されている家具もありますし、これまでお作りした家具の写真など、お店で見て頂くこともできます。

今までは月木土の営業でしたが、今後曜日を変更する予定です。
体制が整い次第、またこちらでお知らせ致します。

よろしくお願い致します。