blog

ありがとうございました!海峡演劇祭’16「よだか」

p1060319s

12/17・18に、海峡演劇祭にて「よだか」を上演しました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

p1070500s

プロデューサーから生命誌版「セロ弾きのゴーシュ」の関連企画として何か人形劇を上演しないか、と持ちかけられた時に、一瞬逃げ出そうかと真剣に考えるほど、「よだか」はこの企画にぴったりの作品でした。
6年もの間塩漬けにしていた作品を蘇らせるのは0から稽古を始めるのと同じか、むしろ日本語に直したり、いろいろと悩みの多い作業でした。が、結局一回りして元に戻ったような、チェコ語版とさほど変わらない内容に落ち着きました。そして、ご覧いただいたお客様にもやはりよだかは愛されて、たくさんのお言葉をかけていただき、ああ逃げ出さなくってよかった!と思える上演になりました。尊敬する演出家の先輩が、終演後におっしゃってくれた言葉を聞いて、たった一人でも私が言いたかったことがここまでダイレクトに伝わっただけで、もう充分に上演した価値があったと心から思いました。
「世界はつらくて、冷酷で、さようならに満ちている。なのになんでこんなに優しいんだろう。」

p1080022s

今回はチラシの配布などの面でたくさんの方のご好意を得て、ご協力いただきました。おかげさまでたくさんのお客様にご来場いただくことができました。ご協力いただいた皆様にこの場を借りてお礼を申し上げます。
そして貴重な機会をくださったプロデューサー谷瀬さんに心からの感謝を!

またいつかよだかが大空を舞う日を楽しみにしています。

ありがとうございました。

12/17・18は海峡演劇祭「よだか」

45d19d85-b365-4863-b3c8-e80f9a466bab

いよいよ今週末の海峡演劇祭「よだか」。今日から劇場で準備を進めています。
まだお席に余裕がありますので、観劇ご希望の方はお早めご予約ください。

今日お話ししておきたいのは、「0歳から入場可」とマナーについて。
Divadlo501が上演する人形劇は基本的に年齢制限を設けていません。0歳から入場できます。
それは年齢制限を設けることで観劇するチャンスを逃してしまう方をなるべく少なくしたい、年齢で排除されることがないように、という個人的な想いからです。下の子が赤ちゃんだと入れないお兄ちゃんお姉ちゃん、子供が小さいと劇場に行けないお母さんなどなど。私自身、子供が生まれて以降、残念な思いをしたことが多いです。
ただ、正直、作品には適正年齢がある、という事実もあります。(それは本当は年齢ではなくて、その子供個人の性格や向き、不向きもあるとは思うのですが。)今回の「よだか」は暗転もあります。暗くなるシーンも多いし、ちょっと怖いシーンも、悲しいシーンもあります。暗いのが怖い人や、悲しいのが嫌な人は是非、お父さんやお母さんとくっついて、見てもらえたらいいなぁと思います。どうしても泣いて泣いて周りに迷惑をかけそうだと思ったら、そっと劇場を出て、落ち着いたらまた戻ってきたらいかがでしょうか。
「こどもは泣くから、迷惑。」で切り捨てるのではなく、お互いに優しく、歩み寄れる空間になるといいなぁと思って、お芝居を見てもらう空間を作っています。

あかちゃんからお年寄りまでいっしょくたになってお芝居を観ている光景を今まで何度もみてきましたが、それはとても美しいです。みんながゆるやかに、やさしく集う場所になることを祈っています。

皆様のお越しをお待ちしています。


FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/1855304524726903/
海峡演劇祭2016参加作品
『よだか』
12/17(土)18(日)15:00~15:40【開場】14:45
会場:海峡ドラマシップ(多目的ホール)
14:00~14:40の『生命誌版・セロ弾きのゴーシュ』記録映像上映と「よだか」通し(大人) 1000円(中高生)500円(小学生以下) 無料 
ドラマシップ展示ゾーンチケット付(大人) 1200円
※「よだか」のみも同料金です。
【問い合わせ/チケット予約】
info@501furniture.jp
電話・FAX.093-383-9433(501furniture)

fix_yodaka%e8%a1%a8_ol-%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

12月の上演予定について

%e7%87%83%e3%81%88%e3%82%8b%e3%82%88%e3%81%9f%e3%82%99%e3%81%8b

今週末12/10は10:30より「イジーとまぬけな悪魔」@戸畑図書館です。ずいぶんこなれてきたイジーはトレーニングのように日々通し。でも結局通すと色々気になって修正したり試したりしてしまうので終わりがない感じ。

そして来週末17日・18日は「よだか」@海峡演劇祭です。こちらは4年ぶりとあって、色んなものが壊れていたり、使えなくなっていたりで作り直したりしていますが、やればやるだけ、ああ、こんなに複雑な、作りこんだものを眠らせていたんだなぁと、しみじみ。端々に一筋縄ではいかない仕掛けが、私の気づかない細部にまでわたって施してあって、愛情を感じます。

上の写真はボツネタ。「よだか」は小さな影絵を仕込んであったり光を使うことが多いのだけど、よだかのラストシーンをどうするか、試行錯誤していた初演時の6年前の写真。確かペットボトルの欠片で色々実験していた時の写真。こうやって、作っては壊し、これはボツ。とひとつひとつ探っていったのでした。

「よだか」を観劇ご希望の方はなるべくご予約いただけるとありがたいです。全席自由でのご入場になりますが、座席数の準備の都合がありますので、日時が確定している方はなるべくご予約をお願いします。
正直、今のところ、ご予約が心もとない状態で・・・ご興味ありそうな方がいらっしゃったらお声がけくださると助かります。イベントページをシェアしていただけると嬉しいかぎりです。
土曜日の方が席に余裕があります。

FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/1855304524726903/

海峡演劇祭2016参加作品
『YODAKA』
12/17(土)18(日)15:00~15:40【開場】14:45
会場:海峡ドラマシップ(多目的ホール)
14:00~14:40の『生命誌版・セロ弾きのゴーシュ』記録映像上映と「よだか」通し(大人) 1000円(中高生)500円(小学生以下) 無料 
ドラマシップ展示ゾーンチケット付(大人) 1200円
※「よだか」のみも同料金です。
【問い合わせ/チケット予約】
info@501furniture.jp
電話・FAX.093-383-9433(501furniture)

fix_yodaka%e8%a1%a8_ol-%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

下の写真は2012年にチェコとスロバキアで「YODAKA」を再演した時に、美術家のご主人のペトル(再演時はスタッフとして参戦)が書いてくれた上演記録。舞台の内側に記してあります。これから日本での上演記録を書き足していけたらいいなあ。

fullsizerender

5周年

501FURNITUREは11月27日で5周年を迎えました。
5年前に想像していた日々とはよくも悪くも違っているとは思いますが、楽しい毎日です。
divadlo501も色々な機会をいただいており、
これまで支えてくださった皆様、独立して5年間の間に出会って応援してくださっている皆様、
本当に感謝しております。

2脚の子供椅子。
左は横浜の家具工房で働いていた時に作ったもの。
古くからのお客様の幼稚園でずっと使われていたものと同じものをそのまま作ってくれという注文でした。
1脚余分に作っていて部材の状態でずっと持っていたものを、昨日座面を作り、仕上げました。
職業訓練校を出たばかりで家具工房で働きだした頃に作ったもの。もう10年くらいになるのか。
デザインは古い椅子をトレースしたものですが、製作に関しては細かい部分に気になる部分がたくさん。

右は数年前自分の子供のために作ったもの。こちらは定番として今も作っています。

5周年のタイミングでたまたま昔作ったものと今作っているものを並べてみて、成長を感じるとともに、
あの頃に持っていた、とにかく家具を作るということに日々興奮していた新鮮な感情を少し思い出しました。
日常が当たり前にならないように、いろいろな想いを忘れないようにしないとなあ。

2016-11-29-12-52-46

先週末、11/6のもみいづるころ。ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!

img_5874

11時からはアトリエ・セッセさんとの針山ワークショップ。かわいらしい生地たちを平山さんの方であらかじめキットにしてくれていたので、とてもスムーズな滑り出し。みなさんおしゃべりしながらも手早く作業を進めていました。出来上がった針山たちはひとつとして同じものがなくてフォルムはコロンとしていてとても素敵な仕上がりでした。

img_5893

13時と15時からはテーブル人形劇「あかずきん」。お天気も良かったので13時からはお外で上演しました。終わったあとはいつものようにみなさんに人形に触ってとんとん鳴らして楽しんでもらいました。

img_5906

紅葉が色づくにはまだ少し早かったようですが、晴れ渡った秋の空の下、ものを作ったり、演劇したり、太鼓叩いたり(ああ叩きたかった!)、音楽したり、踊ったり。。。のんびり、豊かな時間がゆっくり流れていて、本当に素晴らしい空間を共有させてもらいました。

img_5924

ご来場いただいた皆様、そして素晴らしい機会を作ってくださった、松浦さん、ありがとうございました!

もみいづるころ、いよいよ明日!

さあ、いよいよ明日に迫って参りました。針山ワークショップとテーブル人形劇『あかずきん』の上演。
松浦邸アトリエ開き「もみいづるころ」は本日から開催していましたが、秋晴れの素晴らしいお天気に恵まれて、たくさんのお客様においでいただいているようです。もみじはどうなっているかなぁ。あのもみじが紅葉したらあの庭はすごいことになると思うのですが。。。ちょっと早いかな??

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-05-7-25-33

我々も準備を進めています。今回の針山は特別仕様。とあるところに木のボタンがつきます。かわいらしくなりますように。
針山ワークショップは若干名参加枠がございますので当日参加も受け付けます(なくなり次第終了とさせていただきます)。

c815f8e7-96ec-4344-9bb1-f24c86b3b694

あかずきんも準備万端。明日もお天気に恵まれそうなので、お外で上演出来たら気持ち良いでしょうね〜!たのしみ!こちらは予約不要で投げ銭になっております。

明日もきっと晴れ!秋晴れの気持ち良い空気の中、豊かな時間をお過ごしください。お待ちしています。

◯『パッチワーク針山をつくろう!』
 ■日時 11月6日 11時より(1時間ほど)
 ■参加費 3,000円 要予約 限定10組
    あれば裁ちバサミをお持ちください。
◯テーブル人形劇『あかずきん』
 ■日時 11月6日 13時〜 15時〜
 ■予約不要、投げ銭
 ■開催場所 北九州市門司区谷町2丁目3-10 松浦孝アトリエ
 ■針山ワークショップに関するお問合せ 501FURNITURE info@501furniture.jp 093-383-9433まで

Atelier ce et ceさんのご紹介:針山ワークショップ

img_5257

 
いよいよ今週末11/6(土)に迫って参りました、『もみいづるころ』での針山ワークショップ!
着々と準備を進めているところです。
今日は11/6の針山ワークショップでご一緒するAtlier ce et ce(アトリエ・セッセ)の平山さんのご紹介です。

ceetce02

私たちが北九州に戻ってきてすぐ、メルカート三番街がまだオープンして間もない頃に偶然立ち寄ったお店がセッセさんでした。私たちも10数年ぶりの北九州。こんなに洗練されたものが魚町にあるなんて!と感動したのを覚えています。よくよく話を聞けば圭くんの大学の先輩だったり、ご自宅も近かったり、あれよあれよと小倉に行けば必ず立ち寄るお店になっていました。(現在はメルカートを卒業してご自分のアトリエでお仕事していらっしゃいます。)

ceetce04

上質で、厳選された素材で、デザインから製作まで一貫したポリシーを持って製作された洋服や小物たちは、永く大切にしたくなるものばかり。私も上演用の衣装にと、白いシャツを作ってもらいましたが、あんまり着心地が良いので普段もヘビロテしてます。
ceetce03

製作に対する姿勢は501FURNITUREとも通じるスピリットなので、今回ようやくご一緒できることを、心から光栄に思います。

ceetce05

針山ワークショップ、参加者若干名募集しています。是非遊びにきてください。
◯『パッチワーク針山をつくろう!』
 ■日時 11月6日 11時より(1時間ほど)
 ■参加費 3,000円 要予約 限定10組
    あれば裁ちバサミをお持ちください。

人形劇も上演します。0歳からご入場いただけます。皆様にお会い出来るのを楽しみにしています。

◯テーブル人形劇『あかずきん』
 ■日時 11月6日 13時〜 15時〜
 ■予約不要、投げ銭
 ■開催場所 北九州市門司区谷町2丁目3-10 松浦孝アトリエ
 ■針山ワークショップに関するお問合せ 501FURNITURE info@501furniture.jp 093-383-9433まで

1seater leather sofaの納品

img_5322

先日、1seater lether sofaと座編みベンチの納品に行って来ました。
まだ引っ越したばかりの新居は使い易く整えられ、かつ贅沢な空間も保たれた、ゆったりとした素敵なお住まいでした。
既に置かれていた家具も統一感があって、501の家具も自然と馴染む気がしました。

リビングに併設されている図書スペースに一台、庭を臨むサンルームに一台。
色違いで、一台はオットマン付きで作らせて頂きました。サイズも少し調整して。

永く、使ってもらえるといいなあと思います。
ベンチも納めたのでそちらの写真はまた後日。

営業日について

しばらくの間、お店の営業を予約制とさせて頂きます。
家具のこと、その他のご相談は
093-383-9433または、info@501furniture.jpまでご連絡をよろしくお願い致します。お店に展示されている家具もありますし、これまでお作りした家具の写真など、お店で見て頂くこともできます。

今までは月木土の営業でしたが、今後曜日を変更する予定です。
体制が整い次第、またこちらでお知らせ致します。

よろしくお願い致します。

ワークショップと人形劇上演のお知らせ:11/6(日)もみいづるころ

img_5257

久しぶりのワークショップのお知らせです。しかも今回はいつも素敵な洋服を製作されているアトリエセッセさんとのコラボレーションワークショップ!!そして開催するのは4月にバードコールワークショップと人形劇『イジーとまぬけな悪魔』でお世話になった、彫刻家の松浦孝さんのアトリエ開き『もみいづるころ』にて!!趣きある日本庭園を眺めながらちくちくパッチワークをして、世界に一つだけの針山を作ってみませんか?
そしてそして今回も、人形劇を上演させていただきます。8月に戸畑こどもと母の図書館で上演したテーブル人形劇『あかずきん』ウクレレバージョンをお届けします。

◯『パッチワーク針山をつくろう!』
 ■日時 11月6日 11時より(1時間ほど)
 ■参加費 3,000円 要予約 限定10組
    あれば裁ちバサミをお持ちください。

◯テーブル人形劇『あかずきん』
 ■日時 11月6日 13時〜 15時〜
 ■予約不要、投げ銭

 ■開催場所 北九州市門司区谷町2丁目3-10 松浦孝アトリエ

 ■針山ワークショップに関するお問合せ 501FURNITURE 093-383-9433まで
 ※『もみいづるころ』の他のイベントに関するお問合せは090-9146-6169に電話またはショートメールにてご連絡下さい。
 (平日の電話受付は18時以降、土曜、日曜は終日受け付け。)

14182287_1379955648699399_1043947589_n

アトリエセッセさんは私たちが北九州に帰ってきてすぐの頃からずっとお世話になっている作家さんで、いつか一緒に何かできたらと思っていたので、とても光栄です。
また、松浦邸秋のアトリエ開放『もみいづるころ』は他にもたくさんのイベントが開催予定です。素敵なお庭が色づく頃でしょうか。春にも感じましたが、空間そのものがとても魅力的な場所なので、是非一度訪れて欲しい場所です。
皆様にお会い出来るのを楽しみにしています。

14468200_688071178013240_629138600499873901_o

14435334_688071191346572_7219790010670950733_o

14542520_688071241346567_9060062096257583240_o